健康面・美容面でも欠かせないコンドロイチン

私たちの健康や美容を守る成分として大切なコンドロイチン。

 

様々な健康食品や美容製品などに配合されているので「なんとなく名前は耳にした事がある・・・」という方も多いのではないでしょうか?

 

まず簡単に説明すると、コンドロイチンは糖が鎖のようにつながった物質である糖鎖化合物に属するムコ多糖物質で正式名称は『コンドロイチン硫酸』と言います。

 

コンドロイチン全身に存在していますが特に関節同士のクッションの役割を持つ軟骨に多く含まれます。

 

そして本来コンドロイチンは、体内で生成されるのが当たり前なのですが、20歳あたりで生成のピークを迎え、その後は加齢と共に生成能力は落ちてゆきます。

 

コンドロイチンの働き

 

コンドロイチンの代表的な働きは高い保水性ですが、他にもコラーゲンと共に人間の全身に存在し、身体内の細胞が正常な状態を保てるように栄養の消化や吸収、代謝を円滑に行う働きを持っています。

 

そして、コンドロイチンは健康面、美容面と共に沢山の役割を担っています。

 

〜軟骨や関節組織の保水〜
軟骨や関節組織内の水分を守り骨同士のスムーズな動きをサポートします。

 

〜体内の水分料のコントロール〜
コンドロイチンの持つ保水力で人間が生きていく上で大切な水分をコントロールします。

 

〜骨の形成をサポート〜
カルシウムの吸収を助け骨密度を高めます。

 

〜傷の治癒を早める〜
血管新生作用により細胞分裂を促し傷の回復を早める

 

〜肌のハリやうるおい保持〜
ヒアルロン酸と並ぶ高い保水力で肌の中の水分をキープしうるおいを守ります

など沢山の働きがあるのです。
このようにコンドロイチンは私たちが快適に生きていく上で欠かせない大切な成分なのです。


このページの先頭へ戻る