椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア・・・骨格系の病気の中では最もメジャーな疾患ではないでしょうか。

 

それだけに、椎間板ヘルニアに悩まされている中高年はとても沢山いますし、スポーツ選手や腰に負担がかかる職業についている20代の若い人でも発症することが珍しくない腰痛の王様です。

 

椎間板ヘルニアで特徴的な症状は、【痛み】の発症と共に【しびれ】を感じること。

 

そして、椎間板ヘルニアの初期には激痛を伴う場合がほとんどです。

 

歩行が困難になる程の頸部から足にかけての激痛や、お尻の裏側から太ももの裏側にかけての痺れが走ったり、下肢にジーンとした痺れが起きる事も・・・。

 

また、前かがみや立ち上がるしぐさに困難を感じるようになるので日常生活にも支障がでます。

 

そんな、恐ろしい椎間板ヘルニアですが原因は一体どこにあるのでしょうか?

 

椎間板ヘルニアの原因

ヘルニアは、【突き出した状態】を意味する言葉です。
椎間板が突き出してしまった状態=椎間板ヘルニアという事になります。

 

椎間板ヘルニアが起こる原因ですが、人間の背中には24個の椎骨が重なり合って成り立つ“背骨(脊椎)”があり、頭からお尻までつながっています。

 

そして、その椎骨と椎骨の間にはクッションのような働きをする椎間板が存在します。

 

この椎間板は2重構造になっていて、柔らかい“髄核”を柔軟性の高い繊維論軟骨が包み込んでいる・・・いわば肉まんの具と皮のような関係です。

 

そして、ヘルニアというのはこの中身が飛び出した状態・・・つまり肉まん(椎間板)の中の具(髄核)が皮(繊維論軟骨)を突き破って飛び出してしまった状態です。

 

そして、その飛び出した髄核が神経や脊髄に接触する事によって痛みやしびれが発生するのです。

 

椎間板ヘルニアになった場合一番大切なことはとにかく安静にすることです。
腰や足になにか異常や異変が起き、(もしかしたらヘルニアかも・・)と感じたら無理に動かすことは絶対に避け早めに専門医を受診しましょう。


このページの先頭へ戻る