変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝に関する関節症の中では発症者が最も多く国内で1200万人にも登るといわれています。

 

主な症状としては、

 

●歩きだしたり立ち上がったり動作を始めるときに痛みを感じる。
●膝が伸ばしにくい&曲げにくい
●炎症により関節液がたまり太くなる
●O脚になる
●歩くときのぐらつき

 

等があります。

 

上記のような症状を日常的に感じるようならば変形膝関節症の可能性があるので要注意です。

 

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因を簡単に説明すると、加齢や過負荷などによる軟骨の変形や摩擦による消耗に伴い痛みや違和感を生ずる進行性の関節疾患です。

 

軟骨というのは本来、非常に弾力性があり衝撃を和らげるクッションのような役割をしていて、常に弾力性を保つために、新陳代謝(細胞の入れ替わり)を繰り返しています。

 

そして変形膝関節症は、一次性と二次性に分類する事ができます。

 

一般的に多い加齢によって発症する変形膝関節症は“一次性”と呼ばれていて、老化による関節の代謝の低下で軟骨が上手く再生されなくなると、骨と骨の間が少しずつ狭くなってくるのです。そしてやがて骨同士がこすれあうようになると痛みを感じるようになります。

 

二次性は、事故などによる関節破損や靱帯損傷など外傷が原因による関節の変形などによって痛みを伴う場合などです。

 

また、一次性の変形性膝関節症は長い年月をかけ少しずつ進行していくので、少しでも膝に違和感や痛みを感じはじめたら無理をせず早めの対策が重要です。


このページの先頭へ戻る