高齢化社会に必要な取り組み 〜骨と関節の疾患予防〜

日本は今、急速に高齢化が進み、世界一の健康長寿社会を実現しました。

 

しかし、年齢を重ねるごとに身体のいたるところが衰えてゆきます。

 

筋肉の衰えや関節障害により、まともな歩行ができなくなってしまい日常生活も満足に送れない・・・そんな状態での生活を強いられている方も沢山います。

 

そんな中でも高齢者が自分らしく生き生きと暮らして行くためには健康面でのケアは欠かせないものです。

 

たとえば、生きていく上で無くてはならない成分であるコンドロイチンは加齢共にだんだんと減少。

 

そうなると、関節障害が発生しやすくなってしまったり傷の回復が遅くなっていったりと元気に日常生活を送る事が難しくなって来ます。

 

そこで、コンドロイチンの重要性を伝え、摂取を促す事でコンドロイチンの減少を防ぎ老化を予防する事ができます。

 

また、介護が必要になる原因で一番多いの理由が”脳血管疾患”、次いで”高齢による衰弱”、そして、”転倒・骨折”、”関節症”と続きます。

 

つまり骨折や関節症など骨に関する疾患が原因で介護を必要としている人はとても沢山存在しているのです。
そこで【骨と関節の疾患】予防を前提とした取り組みが必要だと考えられています。

 

生活機能病と生活不活発病を防ぐ

”生活機能病”と”生活不活発病”が高齢化社会に伴い、新たな課題としてクローズアップされています。

 

生活機能病とは【日常生活に影響を与える先天性や後天性の運動器疾患を中心とする疾患群】を指し、【生活不活発病】は日常生活が不活(無気力)になる影響で頭や心などの働きが低下する疾患の事です。

 

現在高齢化社会の真っただ中にいる日本では、生活習慣病の予防に加えて生活機能病と生活不活発病の予防に向けた、健康面でのケア(コンドロイチン等の関節疾患を防ぐ成分の接種を推奨など)や精神面でのケア(カウンセリングなど)に対する一刻も早い取り組みが必要なのではないでしょうか。

 

 


このページの先頭へ戻る