脊柱管狭窄症

年齢を重ねると、昔は平気で歩いていた距離でも途中で腰や足にしびれを感じて歩く事が辛くなってしまう場合があります。

 

その時、少し椅子に座ったり、前かがみになって休憩をとると、しびれが軽減されまた歩き出す事ができる・・・このような症状は脊柱管狭窄症にみられる典型的な症状で“「間欠性跛行(かんけつせいはこう)”といいます。

 

そして、この症状を放置していると、だんだん歩ける距離が短くなってゆき日常生活が困難になる場合もあります。

 

では、この脊柱管狭窄症の原因とは一体どこにあるのでしょうか?

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は主に腰部脊椎管狭窄症と表記される事もあるように、腰椎に大きく関係しています。

 

腰椎とは脊椎(背骨)から繋がる腰の部分に位置している骨の事。
腰椎は頭から腰まで24個の脊椎(小さな骨)をつなげて構成されています。
それぞれの骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨が挟まれていて、骨同士が接触しないようにクッションの役割をしています。

 

そしてその脊椎の中には脊柱管と呼ばれる空間が存在していてその中を神経の束が通ってているのですが、その脊柱管が加齢による椎間板や靭帯(骨と骨をつなぐ役割)の変形によって少しづつ狭くなっていく事で中を通っている神経の束を圧迫するのです。

 

そして、神経の圧迫によって痛みやしびれの発生につながっているのです。

 

腰に負担をかけるスポーツを長期的に続けていたり、腰に負担がかかる職業に携わっている人や、反対にまったく運動等をせずに筋肉を使用してこなかった人がかかりやすいといわれています。


このページの先頭へ戻る