関節リウマチ

関節リウマチとは、人間の体の中に存在している関節に慢性的な炎症がおこり、関節が腫れてしまい痛みを感じる骨の病気です。

 

初期の症状としては、手指の関節が腫れを伴う痛みに襲われたり、朝方になるとこわばりを感じます。また歩行がしにくい、軽い貧血、骨の曲げ伸ばしを必要とする運動に違和感を感じるようになります。

 

症状が進行していくと、骨や軟骨の破壊が進み、手や足などの関節の変形や機能障害を起こす事も。

 

厚生省の調査では日本国内において関節リウマチを患っている患者数は50万人〜100万人にも登るといわれていて、全人口の0.5〜1.0%が関節リウマチを発生していると考えられています。

 

関節リウマチの原因

じつは、関節リウマチに関する原因というのは遺伝が関係するということ以外は、完全にはまだ解明されていません。

 

直接的な原因としては、関節を保護している関節包の内側に存在している“滑膜”にウイルス感染等の刺激が加わって免疫に異常が発生して起きる【自己免疫疾患】の一つと考えられています。

 

また合併症としての併発も多く、臓器障害やバセドウ病などの自己免疫疾患を合併症として合わせもつ事も多いようです。

 

また、関節リウマチは女性がかかりやすい傾向にあり、女性の患者数は男性の3〜4倍。
発症時期は30代から50代ぐらいが一般的ですが中には10代の若い時に発症する事もあります。

 

関節リウマチは腫れや痛みを放置しておくと、悪性リウマチに変化し血管炎を発症したり、心筋梗塞や肺炎、腸梗塞などを引き起こす事もある恐ろしい病気ですので、痛みや腫れを感じたら早めの治療を心がけましょう。


このページの先頭へ戻る