四十肩・五十肩

年齢を重ねるごとに、何となく感じる【全身の倦怠感やだるさ】【肩の重みや痛み】・・・
これはいわゆる四十肩や五十肩と呼ばれる症状です。

 

また、四十肩や五十肩というのは俗称で正式名称は【肩関節周囲炎】または【癒着制肩関節包炎】といいます。

 

発症する年代は名前の通り40歳前後から発症する場合が多く、50歳を中心に増え続けます。

 

四十肩や五十肩を発症してしまうと、突然の肩関節の痛みに襲われたり、自由に動かす事ができなくなり、日常生活にも不便を感じるようになってしまうとても厄介な症候群です。

 

そんな四十肩や五十肩なのですが、肩を中心に症状が発生するので肩コリと間違われやすいのですが肩コリとは根本的な原因が違います。

 

四十肩や五十肩の原因

四十肩・五十肩は関節の炎症が原因で発症する肩の痛みや運動制限を伴う疾患です。

 

老化によって固くなった肩の関節や、周りの腱、関節包等に起きる炎症が原因と言われていますが実は、明確な原因はまだ研究中とされています。

 

主な症状は

 

●肩関節の急激な痛み
●肩から上に腕が上がらない
●肩関節の重さ
●運動時の関節の痛み
●肩から全身に広がる倦怠感

 

など。

 

四十肩や五十肩を発症すると、腕を真上や前、横に上げる動作や、外側や内側にひねる動作が制限されてしまうのでかなり不便な生活を強いられる事になります。

 

しかし、適切な治療を行う事で痛みの軽減などに繋がる場合もありますので、不安を感じた場合は早めに医師の診察や治療を受けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る