坐骨神経痛の主な症状や原因

坐骨神経痛とは、腰から足の裏に流れている体の中で最も太い神経(坐骨神経)に痛みが走る『神経痛』です。

 

何らかの原因により坐骨神経が刺激や圧迫され、それが起因となって発症しますが、坐骨神経痛とは症状の事を指しており、病名ではありません。

 

坐骨神経痛の原因は様々で、脊髄神経の圧迫、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、滑り症等が挙げられます。

 

そんな中でも、最も多く原因とされるのは腰椎部の椎間板ヘルニアです。

 

グルコンEXはヘルニアなどには直接効果は見込めませんが、坐骨神経を圧迫している筋肉や軟骨成分などに作用するために、神経痛の緩和に効果を発揮します。

 

坐骨神経痛の症状と主な原因

坐骨神経痛は、足、おしり、腰などの広い範囲にわたって痛みを発症し、痛みを感じる部分や痛みかたによって千差万別でひとくくりにすることはできません。

 

坐骨神経痛と聞くと骨の異常が原因であると考える人が多いのですが、骨の異常が痛みに繋がっている場合だけではなく主に3つの原因に分ける事ができます。

 

骨が原因の痛み

骨盤や仙骨(骨盤の中央にある逆三角形の骨)、股関節などのバランスのゆがみが原因。左右のバランスが歪んでいたり、腰の骨がズレることによって脊椎神経を圧迫して痛みに繋がります。

 

筋肉が原因の痛み

筋肉の緊張やコリによって坐骨神経を圧迫してる場合です。主にお尻や腰の筋肉が原因となり、圧迫によって血液循環が悪くなるため血流障害を併発する可能性も高くなります。

 

内臓疾患が原因による痛み

脊椎や骨盤内に発生した腫瘍、糖尿病によって引き起こされる神経障害による痛み、それによる血流障害等によって発症します。

 

このように坐骨神経痛には様々な原因が考えられ、骨格系の痛みが原因ではない場合も存在するので痛みや異常を感じたら専門医の受診を受ける事が坐骨神経痛を悪化させないためにも大切です。


このページの先頭へ戻る